クウ・ネル・ウタウ♪流日記


San Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>

profile

Beautiful Days

Beautiful Days

2015.6.20

光

2013.12.09

音楽の箱

音楽の箱

2009.12.12

幸福駅

幸福駅

2009.09.03

Harmony×harmony

Harmony×harmony

2008.05.25

information

2015.4.1
流作曲『りしりん音頭』が利尻町りしりん公式ソングに決定しました♪
2015.3.30
NHK北海道の番組エンディングに流楽曲『すずなり』が流れます!
2012.3.29
10000人に会いに行く。の特設サイトがオープンしました。
今後、ライブ情報はこちらをご覧下さい。
2012.3.3
アルバム発売記念・バンドワンマンライブ決定!
2012.2.21
TVでのオンエアーとRADIO出演が決定しました。
2012.2.20
『STVラジオ魂』がオンエアーされます!
2012.02.13
流『はじめての高松。ツアー』フライヤー掲載!
2012.01.19
札幌での弾き語りワンマンライブが決定しました!
2012.01.07
STVラジオ一月の推薦曲に『冬のよるのおやすみのうた』が選ばれました!
2011.12.30
真冬のフォーエバー青春ツアー!詳細情報を更新します
2011.12.18
いよいよ今週!中野Jamクリスマスライブの詳細をお伝えします
2011.12.12
the 武田組 英祐一さんとともに行う、弾き語りライブツアーが決定しました!
2011.12.07
Newアルバム『ごほうびのようなもの』について、お詫びとお知らせです。
2011.12.02
New アルバム『ごほうびのようなもの』がもうすぐ発売になります!
2011.12.02
アルバム発売を記念して、人生で初めてのUSTREAM配信を行います!
2011.12.02
アルバム発売記念!音楽処インストアライブを行います。
2011.12.02
地元・十勝 FM JAGAでラジオ番組『流のHome Made Radio♪』放送中。

憶えていてくれてありがとう。留萌 ソウルキッチン。

2016,07,13, Wednesday
前回1月の留萌 ストロベリーフィールズでのライブを観に来て
くださったオーナーさんが「ぜひうちでも歌ってください」と
声をかけてくれました。実はソウルキッチンは旅をはじめた頃
に音源を送らせてもらって、一度電話でもライブの交渉を
していたお店なんです。そのときはタイミングが合わず実現
しなかったのですが、そんなだいぶ前のことを憶えて気に
かけてくださっていたことが有難いし、こうしてライブが
叶って本当に嬉しいです。前日に地元FM もえるに出演させて
もらったり、留萌のCD店 ヨシザキレコード楽器店もライブ
チケットの販売に協力してくださったと聞きました。地域
みなさんに協力してもらったおかげで、いただいたたくさんの
出会い。みなさん、ありがとうございました!オープニングの
Hagaくん、あかりさんピアノ弾き語りおふたりとこのライブ
を企画してくれた くまさん、ありがとう。旅をはじめてみて
つくづく感じるのは、人は見た目だけではわからないもの
だなぁということ。ソウルキッチン オーナーの湯田さんは
タトゥーいっぱいで見た目ちょっとこわいですが、家族想いで
あったかい方です。お料理もおいしいので留萌に行くときが
あったら、ぜひ寄ってくださいね。湯田さん、ありがとう
ございました!

2016年7月2日(土)留萌 ソウルキッチン

1.幸福駅
2.美しい世界
3.すずなり
4.星の誕生日
5.ライラララーメン
6.馬
7.つぼみ
8.楽園
9.遠きにありて

マナブ | 06:47 PM | comments (0)

何度でも、立ち上がる。

2010,10,12, Tuesday
十勝から帰ってきました。
きのうの十勝は、
すばらしい青空で、
いただいた地元での時間を、
有効に過ごすべく、
母とふたりで、
ドライブに出かけてきました。
紅葉にはまだ少し
早かったけれど、
美しい平原の風景に、
「この町は、
 こんなにきれいだったっけ。」
と感動しながら。
帰り道にも、
美術館に寄り、
絵画や、
彫刻や、
千年樹を
じっくりと
堪能してきました。
併設されている
カフェも、
おいしかったです。
ありがたい時間。

音更町「オータムフェス」が、
中止になったことは、
残念でしたが、
実現に向けて、
動いていた、
実行委員会の、
町の方が、
きっといちばん
がっかりされたと思います。
雨とか、
雪とか、
野外でのイベントでは特に、
どうしようもないような
出来事が起ったりします。
ひとりの人間として
生きている道でも、
そういうことは
ときどき
あります。
そんなときは、
いつも思います。
どうしても、
避けようもなく、
自分に降り掛かってくる
出来事は、
それと、
どう向き合うかが、
たった今の自分を表すし、
そのとき、
どう思い、
どうしたか、

その先へ続く道が
変わってくるのかもしれないな。
と。
第一回から
中止になったら、
機会を逸して
イベント自体が
なくなることだって、
きっと、
たくさんの方の意見の中で
あることだと思うし。
でも、
一年ずれちゃいましたが、
2011年から、
あらためて
スタートします!
ってことだって、
ぜんぜんありだと思います。
来年、
仕切りなおして、
第一回「オータムフェス」が
開催されることを、
まだ見ぬイベントですが、
その会場で
歌えることを
楽しみにしていた者の一人として、
願っていたいと思います。
たったひとつの、
こういう想いが、
実現につながる
かけらになるといいです。
雨で中止になったから、
もうやらない。
という道と、
雨で中止になったけれど、
実現させよう!
という道。
どっちがいいか。
そういう感じで、
度々
選択を迫られる
(今回は誰にも選択を迫られてはいないのだけど)
そのときを、
しっかり、
自分の気持ちで、
決めて
歩んでいきたいです。
もちろん、
小さすぎて
届かないことも
あるけれど、
それでも
あきらめない!
と、
そのときがやってくるのを
描いていたいです。
「オータムフェス」、
声をかけていただいて、
本当に、
ありがとうございました。

今回の十勝滞在は、
自分自身の反省が、
いっぱいあった時間でした。
学ぶなぁ。
そして、
反省して、
ごめんなさい。
を言ったり、
心からの想いを
ちゃんと伝えたり、
行動して示したり。
そうやって、
精進していこうと思います。
好きな色を描いていけるように。

最後に、
嬉しいニュースも
いただきました!
なんと、
帯広市役所で、
流の歌う、
『幸福駅』が、
昼休みの時間に
流れることが決まりました!
今までも、
市の歌などが、
流されていたそうですが、
その枠の一つに、
何曜日かに、
『幸福駅』が、
音更町出身の歌い手・流の
紹介とともに、
流していただけるそうです。
ラジオじゃないけれど、
歌い手のプロフィール紹介などもあると、
しかも、
“地元出身”なんてなると、
耳を傾けて聴いてくださる方も
多いと思います。
本当に、
嬉しいニュースです。
ありがとうございます!
市役所には、
一般の人も、
入れるのでしょうか。
私も、
ひょい。
と、
訪れて、
あこがれの“社食”とかで、
『幸福駅』を聴けたら
うれしいな。
曜日など、
詳細がわかったら、
またお伝えします。

よし。
願いと、
想いと、
決意を新たに、
また次の一歩へ。

マナブ | 11:16 PM | comments (2)

今日だけの歌。

2010,08,08, Sunday
寝過ぎですよ。
というくらい
二晩にわけて眠りました。
眠る。
は、
食う。
よりも
優先したいことかもしれない。
日記のタイトル、
ネル・クウ・ネル・ウタウ♪
に直そうかしら。(↑二度寝テル)

8月5日の、
中目黒・楽屋、
Beadroadsとのツーマンライブ、
来ていただいたみなさん、
ありがとうございました!
楽屋の空間、
大好きなのですが、
その大好きな場所で、
仲間たちとともに、
お届けする音楽の時間。
本当に楽しかったです!
私のステージにも、
入れ替わり
立ち代わり、
ビードローズメンバーが
登場してくれて、
新曲を、
Piano あっちゃん

カホーン コジマさん

Guitar 佐藤ワタル!
でお届けしたり、
2ステージ目は、
ワタル氏とともに
ずっと弾いて歌っての前半と、
ピアノとともに歌う曲あり、
with Beadroadsフルメンバーで
お届けする曲あり。
と、
ちょー贅沢気分で
歌わせてもらった夜でした。
バンドで奏で歌うことの
楽しさを、
Beadroadsとやると
いつも実感します。
でも、
一人で
ステージに立っている時間が、
度胸と
勇気と
力を
身につけてくれて、
強くなったリ、
成長したり、
するのかもしれなくて、
そうやって、
もっといろいろが
できるようになったら、
また、
みんなと一緒の時間に
できることも広がっていくかもしれない。
その日を楽しみにしながら
ひとり旅も続けていこう。
と、
思ったりした時間でした。
Beadroads、
いつもありがとう!
楽屋に来てくださったみなさん、
ありがとうございました!!
まっしーさん、
ありがとうございます。
また来年も、
8月5日あたりの
楽屋ツーマン!
が実現しますように。

旅人は、
たまに考えます。
いろんな町の
いろんな場所で歌わせてもらうとき、
その日の
コンディションとか、
野外でやるなら、
天気とか、
自分の気持ちとか、
気分とか。
そういう色々なことの中にある自分が、
いろんな空気感に
惑わされないで、
飲み込まれないで、
でも、
その瞬間を思い切り感じながら
本日の精一杯で
歌うために、
今日だけの歌を
歌うために、
どうしていたら
いちばんいいかな。
と。
野球選手が、
バッターボックスに立つときに
整えていく、
呼吸や、
身体や、
精神や、
そういうことと
似ているような気もするけれど。
今年、
旅して歌っていて
気づいたことは、
手から離れそうになっていた
なぜ歌う。
の気持ちや、
今、
何をするために
そこにいるのか。
ってことは、
コトバで、
ひとつずつ
並べて、
「だから、がんばろう」
と思うよりも、
歌を歌って、
身体を動かして、
汗かいて、
いくうちに、
身体が
思い出していってくれるんだな。
ということです。
みんなの協力があって
できあがったアルバムを
できるだけたくさんの人に
聴いてもらいたくて始めた旅で、
そういうことが、
大きな原動力になって進めている
ということも、
もちろん、
忘れないで知っていたい、
大事なことで。
でも、
何より、
歌えて
たのしい。
歌が好きだ!
と、
思い出し、
ギターを弾きながら、
その日のステージを
想像しながら
リハーサルをして
歌っている時間にさえ、
泣けてきそうになるような、
そんな時間を持つことが、
今日のステージに
集中してのぞめる、
私なりの方法なのかもしれない。
と、
思いました。
ウォーミングアップして、
少し汗ばんでいるくらいで
ステージにあがるのが、
ちょうどいい。
いっぱい失敗もするけれど、
あきらめないで、
ステージに立つまでの時間に
身体を動かしたり、
のどをひらいたり、
声を響かせたり。
繰り返し、
身体に伝え続ける作業をしていくこと。
自分が怠らなければ、
身体はしっかり、
応えてくれるのだと感じます。
そういうことぜんぶが、
おもしろいな。
と感じる今です。
まだまだよくなっていきたい。
アスリートに
憧れながら、
そんなことを
旅の空に
考えています。
次は、
東京ワンマン。
そして、
奥尻ー!!

☆流AcousticLive2009-2010☆“『音楽の箱』お届けにあがりました♪ツアー”
8月26日(木)流ワンマンライブ『Open ! 』vol.7
             会場:下北沢Com.Cafe 音倉
時間:open 18:30 / start 19:30
             料金:チャージ¥2500(ドリンク別)
             予約:下北沢Com.Cafe 音倉 tel.03-6751-1311

8月28日(土)奥尻島 なべつるまつり出演!
              ♪詳細は後日、お伝えします。

マナブ | 10:22 PM | comments (1)

粋でイナセな、星空の夜。

2010,03,16, Tuesday
最近、
星がきれいな日が
多いんですよ。東京。
雨も降るけれど、
そうじゃない日は、
星が光っている。
私の家は、
ともだちが来たとき、
「いなかのおばあちゃん家の
 においがする!」
と、
言ったくらい、
都内にあるのに、
畑と緑が多い環境で、
だから余計になのか、
星がきれいなんです。
うれしくなる。
ここ数日も、
とてもいい時間を
生きていました。
まずは、
歌舞伎を見に行ってきた!
しかも、
着物を着て。
歌舞伎座が、
4月末で閉まり、
建て替えられると聞き、
行こう!ということになりました。
御名残三月大歌舞伎。
歌舞伎は以前、
一度、
団十郎さんの復帰舞台を、
一幕見席で見たことはあったのですが、
じっくりと座って、
席を予約して見るのは
初めてで、
粋な時間でした。
でも歌舞伎って、
物語のあらすじを
知ってから行かないと、
舞台だけ見ていても
わからないですね。
“イヤホンガイド”というものが
あって、
片方の耳に携帯ラジオみたいなそれをつけ、
生でどこかからガイドしてくださる方の
声を聴きながら、
舞台の内容を、
あらすじ、
セリフや小道具の意味、
こういうところがポイントになっている。
など教えてもらって初めて
ほぅ!
と、なる場面が多々あって、
ずいぶん、
ナビに助けられながら、
楽しみました。
ありがたい!
歌舞伎座の椅子は、
コンパクトな作りで、
前後の間隔も、
きっと
狭めにできているのだと思う。
窮屈な感じが、
久しぶりに着た着物も含めて、
懐かしかったです。
そして今夜は、
白石加代子さんの、
百物語シリーズ、
朗読劇『宮沢賢治の銀河鉄道の夜』
を見てきました。
賢治の世界、
白石さんの世界。
に浸ってきました。
だから、
余計に、
星がきれいに見えるのか。
いい夜です。
さて、
3月も後半スタートですね。
3月の北海道、
十勝イベントライブ&札幌ワンマンでは、
私にとって、
とても嬉しい、
新たなお知らせができそうです!
そして、
4月に、
Beadroadsと行く!
長野ライブの詳細も出ましたので、
お伝えします。
それぞれの町のみなさんと、
粋な夜をご一緒できることを楽しみに
毎日を大切にいきます。
どうぞよろしくお願いします。

流AcousticLive2009-2010“『音楽の箱』お届けにあがりました♪ツアー”
<十勝>      3月27日(土)十勝ふゆ音楽祭『とかちMUSIC ALIVE!2010』
           open 16:00 / start 16:30
           会場:ライブホール MEGA STONE (帯広市東6条南5-14)
           出演:HOT ROD BIRD、黄金クリムゾン(共に、地元ロックバンド)
                Unlimited(地元出身バンド)、My’s(地元ユニット)、流
               ゲスト:ほたる日和
          チケット:前売¥1000(学生¥800) 当日¥1300
       チケット取扱:勝毎サロン(藤丸7F)、かちまいアカデミー(長崎屋帯広店4F)、チケットらいぶ(帯広市民文化ホール内)
<札幌>      3月28日(日)ワンマンライブ『Open!』vol.1 
                   open 17:30 / start 18:00
          会場:まち×アートセンターさっぽろ OYOYO(札幌市中央区南1西6)
     チケット:前売¥2800 ペアチケット¥5000 / 当日¥3000 (1drink別¥500)
     チケット取扱:music shop 音楽処 tel.011-221-0106
<長野>       4月11日(日)信州中野
     open 18:30 / start 19:00
     会場:信州中野Jam
長野県中野市1-11-2中野プラザ会館2F
(長野電鉄「信州中野駅」より徒歩5分)
チケット料金:¥2000
           出演:井原羽八夏、Beadroads、流
     問:Jam Tel.0269-26-6918


マナブ | 11:22 PM | comments (2)

歌丸さんに会いに行く。

2010,01,11, Monday
東京の中でも、
大好きな街、
浅草へ行ってきました!
浅草寺でおまいりして、
浅草演芸ホールへ。
落語を聞きに
行ってきました!
正月二之席。
落語の世界では、
1月20日までがお正月。
なのだそうで、
顔見せ公演として、
たくさんの噺家たちが
入れ替わり立ち代わり
出演していました。
会場も、
立ち見がでるくらい、
満席。
朝10時半から、
夕方4時半まで、
27組の方が登場したと思います。
プログラムを見ると、
小さな文字でたくさんの出演予定者が
載っていましたが、
ほとんど知らない方ばかりで、
(唯一知っている“ナイツ”は、
出演しなかった。。見たかった!)
でも、
最後の最後に、
桂歌丸。と、
記されており、
笑点で見続けてきた
あのお姿を、
拝めるのね!!と、
テンションあがりながら、
それまでの26組の方も、
大いに楽しませてもらいました。
6時間はさすがに長くて、
ヘロヘロになりましたが、
笑いすぎて、
だいぶ泣いて、
大満喫。
そして、
いよいよ、
歌丸師匠登場!
生の歌丸さんは、
血色のいい、
きれいなお顔でした。
ちょっと、
仏さまみたい。
って思いました。
自分が生涯かけてしていくことは、
噺家しかない!と、
15才で門をたたき、
噺家になって、
58年!だそうで、
そりゃ、
仏さまみたいにもなるよなー。
と思いました。
昔は、
今よりもっとキビシイ時代だっただろうし。
落語の世界には階級があって、
前座・二ツ目・真打となっているそうで、
今日のステージも、
いちばん最初に
前座の方が登場して、
3分くらいの持ち時間で
あっという間に、
次の方が登場したのですが、
その後、
次の方のために
座布団をひっくり返したり、
寄席文字のメクリをめくるのも、
最初に出たこの方が、
ずっとすべての
セットを行っていました。
はなしの中で、
「楽屋では、
 師匠たちに
 お茶も入れ続けている。」と
言っていたから、
本当に休む時間などなく、
動いているのだろうなぁ。
と、
想像しました。
しかも、
その修行は人によっては、
5年くらいかかるのだそうです。
それでも、
そこを乗り越えて、
情熱を絶やさずに
修行を積んで真打までいける方は、
それだけでも
すごいと思うのに。
落語を勉強することも、
果てなく続く修行だろうし、
噺家さんの何人かも言っていたけれど、
落語の世界には定年がないから、
“偉い人”が掃いて捨てるほどいるらしいし。
そのトップを生きる方ですから、
半端ないんです。きっと。
43年間続いているという
『笑点』にも、
第一回から出演しているのは、
歌丸さんだけなんですって。
素晴らしい。
歌丸さんリスペクト!
笑点好きの父さんが
今度東京にきたら、
浅草に歌丸さんを見に行こう。
それにしても、
落語。
おもしろいです。
お正月公演だから満席だったけれど、
普段はガラガラの日もあるとか。
古典落語をじっくり楽しむなら、
そんな通常公演に行ってみるのが
いいのかな。
今度はそんな日に、
お弁当持参で行ってみます!

マナブ | 08:17 PM | comments (0)